2015年3月アーカイブ

英語は海外映画で勉強しよう?

| | コメント(0) | トラックバック(0)
リスニングは、海外映画で勉強しよう!

というのは、なかなかいい発想です。

海外映画好きなら、趣味の延長でできますからね。


ただ、海外映画を観るには、2時間くらいのまとまった時間が必要です。

しかもアクションものや戦闘ものなどでは、会話の内容も偏っているし、スピードが早いばかりでなかなかついていけず、効果も上がりません。


日常英会話が多く出て来て、なおかつ会話のスピードややり取りが自然なのは・・・

そう、海外ドラマです。

最近は、レンタルDVDでもたくさん置いてありますから、ネタには不自由しませんね!


2008/10/26のYahoo!知恵袋には、こんな提案もあったので、引用しておきます。

    ************

コメディを観るというのはどうでしょう?
私も色々と知っている訳では無いですが、私の好きな番組で「friends」というコメディがあります。
1話30分(DVDならCM抜きになるので20数分だと思います)なので時間的にも丁度良いと思いますし。
早くて理解できないというなら英語字幕付きで見るというのも手だと思います。
「friends」はとても面白く、日常生活の中でのコメディなので日常会話も勉強できると思うのでオススメです。
シリーズも結構あるので結構長く続けられるんじゃないかと思います。
他にも1話30分単位のコメディ番組が探せばあると思うのですが・・。

    ************


さらに英語を身に付けたい、もっと高いレベルを目指したいと望むなら、しっかりとしたメソッドを利用するのがオススメです。

    ↓↓↓

TOEIC初心者の勉強法その1

| | コメント(0) | トラックバック(0)
TOEICを初めて受験しようと思う方(初心者)は、いったい何から手をつけたらいいのか悩むところでしょう。

リスニングを鍛える方法でお勧めは海外ドラマです。

勉強する!と身構えると、どうしても腰が重くなってしまうものですが、この方法ならドラマが好きな方なら取り組みやすいですね。

レンタルDVDで好みの海外連続ドラマを借りてきます。


2013/2/21のYahoo!知恵袋で、とても丁寧に解説している方がいるので、以下は引用です。

   **************

リスニング力を上げるには集中的な聴覚トレーニングが欠かせません。
私のお勧めは海外ドラマです。

私は大学生の時に留学準備のためにこの方法で
リスニングの自己トレーニングを行い、
3か月でTOEFLのリスニングで正解率25%
(4択だから最低でも25%は取れるのです)から
90%以上正解できるようになり
無事アメリカの大学に入学できました。

まずはレンタルDVDで好みの海外連続ドラマを借りてきます。
コメディ、医療ドラマ、法廷ドラマ、何でも構いませんが、
セリフの多さと単語の日常性を考えると「24」のようなアクションものではなく、
30分のコメディや家族ドラマ的なものが向いています。
会社から帰ったら毎日2時間ほどそのドラマを見ます。
英語で一度見てみましょう。
多少は意味がわかるでしょうか?
全くわからなくて嫌になる場合は
1回目に日本語で見てしまいましょう。
2回目は英語で見ます。
字幕はつけないでください。
耳だけに集中します。
1回目に日本語で見てしまっているので
内容は大体わかるはずですが、
細かいセリフは聞き取れないでしょう。
では3回目です。
「ここで何と言っているか知りたい」
「もうちょっとで聞き取れそう」と思う部分を
繰り返し巻き戻しながら何度も見ます。
わかる単語だけノートに書いてみて、
虫食い状態のセリフの空欄に何が入るか、
文法の知識を駆使して考えてみましょう。
ここには前置詞が入っているかも、
と思って聞いてみるとtoが「タッ」ぐらいの
短さで入っているのに気づいたり出来るようになります。
何度見ても聞き取れなければ今日はそれで
終わりにします。
字幕で正解を見たりはしないでください。


翌日はドラマの続きを見たいところですが、
まずはもう一度昨日見たエピソードを見ましょう。
昨日聞き取れなかったところが聞き取れるでしょうか?
何度もやってみてまだ聞き取れなければ
今度は字幕を見ても構いません。
但し字幕は正確とは限りませんのであくまで
参考までに。正解がわからなくてもいいのです。
聞いたことがあるけれど意味がわからない単語が
出てきたら辞書を引きましょう。
聞き取れるけれど綴りがわからない単語も
カタカナで書きとめて綴りを考え辞書で探してみましょう。
見つからなくてもその過程が大事です。
1日3時間見るのが理想ですが、2時間でも構いません。
上記のような作業をしていると1日2時間ぐらいアッというまに
過ぎてしまいます。夕食を食べながらでも構いませんので
時間を作ってみてください。有名なドラマなら
Youtubeでもさがすことができるので、
その場合はスマホで電車でも聞くことができます。

ドラマをお勧めする理由は、
日常会話が満載で、実際に使える表現が多いことです。
映画は非日常的な内容が多いのであまり使えませんし、
繰り返し見るには長すぎます。
出てくる単語もドラマは多岐に渡っていますし、
好きなドラマなら続きが楽しみなので
学習が長続きするという利点があります。
好みの女優さんが出てくるなど、見たくなるものを借りましょう。

ニュースは一方的な情報なので、会話パターンを
学ぶことはできません。
1人でプレゼンをするスタイルの話し方を学びたい場合は
料理番組が最適です。料理は1人で自分がやっていることを
解説するスタイルだからです。
And the next thing I'll do is 「では次にとりかかるのは・・・」
のようなセリフがAnd the next thing I would like to show you is
「次に私がお見せしたいのは」の様に応用できます。
You Tubeなどにたくさんビデオがあるので探してみてください。

単語帳で勉強しても内容に脈絡がないので
記憶に残らなくないですか?
ドラマを見て覚えた単語は、どのような場面で
どんなニュアンスで使われたかとネイティブの発音を
セットで覚えることができるので記憶に残りますし
実際に使うことができます。
法廷ドラマを見れば法律用語が、
医療ドラマを見れば医療用語がどんどん覚えられます。

耳が良くなれば発音が良くなりますし、
口からも英語が出てくるようになり
一石三鳥ですよ。
何より教材費が安いので、
騙されたと思ってまずは3か月、トライしてみてください。

言語は1000時間聞くと耳が慣れると言います。
これはタイやドイツなど英語圏以外の国で暮らした
私の実感とも一致します。
1日3時間聞くと1年で約1000時間になり、
海外で暮らしているのと似たような状況を
疑似体験することが可能です。
まずは3か月と思ってやってみてください。
90日X3時間で270時間になります。
週1回の会話学校は45分x50回として
年間37.5時間にしかなりません。
この圧倒的な時間の差を是非感じてみてください。

   **************


ただこの方法は、慣れてくれば楽しみながらできるのですが、できればより効果的な方法(メソッド)を組み合わせることで、より大きな結果を得ていくことができますね。

   ↓↓↓

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。